FC2ブログ

見沼田んぼ北限域、区界、砂町2丁目

DSCN0243.jpg

東大宮操車場をまたいで、見沼区の東大宮親水公園のところと北区の県立大宮工高のあたりをつなぐ跨線橋には名前があるのかないのか、橋の周辺には見つからない。人と自転車やバイクしか通行できない橋だから、名前などはどうでもよいのか。ここより下手にある陸橋には、「砂大橋」の名前もあり、クルマの通りも多い。

この跨線橋は、見沼田んぼの北限域と見沼区と北区の区界、それに東大宮あたりの昔の地名である「砂」が残る「砂町2丁目」が接しているところだ。

上の写真。おれが跨線橋の上から撮影している位置は北区になる。跨線橋に沿ってあるのが見沼代用水西縁で、用水の下を芝川が通っている。

用水と芝川は、ここで立体交差しているのだ。見沼代用水は、このように河川と立体交差し、その下をくぐったり上を通ったりしているところが、何か所もあるらしい。江戸の昔に、そのような工事を、コンクリートもないのにどうしたのか、どんな工事だったのか、調べてみたことがないから知らない。

とにかく、ここでは、用水の下の芝川が見沼区と北区の区界になっている。

そして、写真にある用水の水門の向こうが東大宮2丁目で、水門のこちらは砂町2丁目になるのだが、すぐに区界の芝川になるから、ここでは砂町2丁目は数メートルぐらいのものか。

下の写真、まだ桜が咲いているころ撮ったから芝川の左手に花が写っている。その並びと芝川の間が砂町2丁目だから、狭くて細長い。少し下ると栄東中高の校舎がある。このあたりが最も幅があり、そのまま同じような幅で宇都宮線とぶつかるところまで、砂町2丁目は細長く存在する。砂町2丁目は「見沼たんぼ」区域のはずだから、県の管理になっていて、学校のような公益的な施設しかできないのではないかと思われる。

もう一年以上になると思うが、芝川の浚渫でもやっているのか、工事が続いている。このあたりは低地だから、ほかにも治水対策の地下水路などもあって、工事が行われている。治水というのは、生活のために欠かせないものだが、なかなか目につきにくいものだ。

こうやって見ると面白いことに、「東大宮」という地名は見沼区だが、「東大宮操車場」は北区になる。そのことや、「砂町」は2丁目しか残っていないあたり、どんないきさつがあったのか、何か土地の因縁がありそうだ。

028_2019051718411425a.jpg

ほぼ同じ位置から跨線橋の上手を撮った。芝川の水門があり、ここから芝川は急速に川幅を狭め、写真左手の見えないところで芝川本流と支流にわかれる。

水門のむこうに見えるのは、東大宮3丁目の住宅街で、高い大きな建物は県営砂団地のうちの一棟だ。この住宅街の手前見える畑地は、「見沼たんぼ」区域なのかどうか、調べてないから確かなことはわからない。

江戸時代に農地として開発され始め、どういう変遷があったのか、かろうじて残る農的風景の一角、農村から都市化の近代を象徴する風景、といえるか。

032_20190517184113db1.jpg


入ってみたい。

DSCN0389.jpg

こんな酒場があったら入ってみたいのだが。
一朝一夕では出来上がらない佇まい。古いボロだと捨てるのはもったいない。

「砂」めぐり、砂橋。

東大宮のへんは昔は「砂」という地名だったらしい。大字砂とか砂町とか。

ウイキペディアによると、1964年(昭和39年)3月20日 に東大宮駅が開業し、1969年(昭和44年)8月2日 - 砂土地区画整理事業(第1工区)の完了に伴う換地処分による地番変更を実施。大字丸ヶ崎、大字砂、砂町二丁目の一部から東大宮一丁目の北部及び二丁目 - 五丁目が成立。町名は東大宮駅に由来。ということらしい。現在は東大宮七丁目まである。

「かつてこの一帯は江戸期より存在した武蔵国足立郡南部領の箕輪荘に属する砂村、古くは戦国期の1555年(弘治2年)ごろより存在した砂村であった。村名は太田道灌がこの地を開拓した際に発見した古塚から金砂が得られたのでこの名がある」とのことだ。

この古塚と金砂、どこだったのか、気になる。

おれは、芝川が運ぶ川砂からとった地名で、このあたりは砂地が多かったのだろうと思っていたが、古塚の金砂に由来があったとは。本当か。でも、東大宮の台地の上には古代人が暮らし、塚もあったかもしれない。

とにかく、長年の歴史を刻んだ「砂」の地名は、わずか半世紀の歳月で消え去り、いまでは、探さないと見つからない。

以前、たまたま見沼田んぼの散歩に出かけたとき、「砂橋」を見つけたので、写真を撮りに行ってきた。

DSCN0354.jpg

宇都宮線の東側に沿って土呂方面へ向かうと、道が下り坂になる。この先に芝川が流れ、そこに架かる橋の名前を見たら「砂橋」だった。

砂橋の手前、道が下りきったところで住宅が途切れ見沼田んぼが広がる。この住宅までが見沼区東大宮。住宅が無くなるところから見沼田んぼで、地名は北区見沼になる。

DSCN0357.jpg

宇都宮線の反対側は、まだ見沼区東大宮で、ここは砂町二丁目で、「砂」の地名は残っている。だけど見沼田んぼ区域で、一般住宅は建てられないから住人はいない。畑と、公共性が高いと認められ建設されたのだろう栄東中高があるだけだ。

砂橋は、見た目はなんの趣もない、鉄とコンクリートの橋だけれど、それなりの存在の物語がありそうだ。

DSCN0359.jpg

DSCN0360.jpg

DSCN0362.jpg

DSCN0364.jpg

「竣工昭和44年3月」のプレートがある。東大宮駅開業後の、砂土地区画整理事業の地番変更が実施された年だ。このころを境に、「砂」は、農の土地から首都圏郊外の住宅街へと変貌する道を歩む。おれがいまこの地に住んでいるのも、その歴史の一つだろう。

DSCN0361.jpg

砂橋は、以前にあったものが架け替えられたのだろうか。

しかし、この芝川と砂橋のある場所の地名は「砂」でも見沼区でもなく、北区の「見沼」だ。

ところが、宇都宮線の反対側は、芝川が北区と見沼区の境になっている。

チョイと素直じゃない。たいがいの境界線はこのようにギクシャクしているし、そこに事情があったりする。どうしてこのようなことになったのか。

橋から東大宮側の住宅街が見える。古い地質図を見たら、そのあたりは台地のはずれで川岸の崖といったところ、古い地層が露出していたらしい。

縄文海進のころは、現在の東京湾がこのあたりまで入りこんでいたのだ。海水面が引き、見沼の沼地ができ、徳川吉宗の時代の干拓事業で見沼代用水が引かれ見沼田んぼが生まれた。

現在の見沼田んぼは、周囲を住宅に囲まれ、都市的人間の営みに侵され姿を変えながら、首都圏では「貴重な」といってよい広大な農的緑地として残っている。

そのあたりの様々な事情も含め、「砂橋」という名は、場所の名として何かを伝えようとしているかのようだ。

DSCN0368.jpg