FC2ブログ

6月3日で東大宮の書店が無くなる。

10年前、東大宮に引っ越してきたときは新刊書店が3店に古書店が1店あった。

新刊書店のうち1店は「砂町書房」という小さい店だったが、西口にあって、知り合いのエロ漫画屋が作ってるエロ雑誌やエロ本などもある、正しい書店だった。足の悪いおやじが、足をひきずりながら、重い本が入ったダンボール箱を運んでいた。ここが閉店したのは、いつだったか、まだ10年はたっていないと思う。

やはり西口で、ウチから駅へ行く途中に、大きなマンションの1階に80坪ほどありそうな大きな書店があった。よく前を通っていたのに店名を覚えてない。「パストラル」とか?、覚えにくいカタナカの名前だったような気がする。中が広い割には、入口は小さく閉鎖的空間で、いつも人気はないのに、若い店員が二人ぐらいいた。本はたくさんあるがタイクツな棚、これぞ「わび・さび」か、森閑とした中に、気持ち良いぐらいのやる気のなさが漂っていた。

おそらくその大きなマンションのオーナーの経営なのかもしれないと思っていた。書店の隣は保育園で、その隣は電気工事店の事務所だった。去年だったか一昨年だったか電気工事店は退去し、そこへ隣の保育園が拡張した。そして、去年のいつごろだったか書店が閉店し、そこもまた隣の保育園になった。つまり大きなマンションの一階全部が保育園になったのだ。

今年になっても残っていた、東口の古書店が春頃閉店した。店名は覚えてないが、ブックオフのようなロゴデザインで、チェーン店のようにも見えた。ものすごく丁寧な小太りのお兄さんが、いつも店番をしていた。文芸書、エンターテイメント、文庫本、コミック、エロ本、エロビデオ、一通りあった。おれは、ここによく立ち寄った、ときどき買いもした。突然、閉店した。

そして、西口、駅ビルの一階にあった、チェーン店の文教堂が6月3日に閉店するのだ。去年だったか、売り場の半分を文房具売り場にしたとき、もう持たないだろうと思っていたから、驚きはない。ここでは、ときどき、若い店員を本のことを知らないと説教したり怒鳴ったりする、かまってちゃん老人を見かけた。やつは、きっと寂しくなることだろう。

たまにフラッと本屋に立ち寄って、いまどきどんな本が売られているか棚を見て、買う気のない週刊誌や文芸書を立ち読みするというヒマツブシをしていたが、それができなくなる。というていどのことはあるが、ないと寂しい、困るというほどじゃない。そういう存在だったのだなあ。無くなって、あまり残念な気持はないが、ないと寂しい、困る、と思えるような新刊書店や古書店ができてほしいとは思っている。

入ってみたい。

DSCN0389.jpg

こんな酒場があったら入ってみたいのだが。
一朝一夕では出来上がらない佇まい。古いボロだと捨てるのはもったいない。

東大宮駅東口の葡萄家がなくなっていた。

budouya


写真は、2010年4月の撮影。

左側に、大宮駅東口のロータリーから大和田方面へ向かう道路の角のビルが写っている。

この2階にあった「葡萄家」がなくなっていたのに気がついたのは、今年になってからだ。

いつなくなったのだろう。

看板の文字からしてレトロな感じで、いつか入って、ハンバーグと生ビールでも飲んでみるかと思っていたのに、入らずじまいになった。

写真を見て気がついたのだが、このビルの1階の「クスリのアサイ」は、いまでは牛丼チェーンの「すき家」になっている。

いつ入れ替わったのかも記憶にない。引っ越してきた10年前には、すでに「すき家」があったつもりになっていた。

この10年間、東大宮駅の東口も西口も、店舗の入れ替わりが激しかった。

前には何があったかも思い出せないことがめずらしくない。

写真にある看板の「さじや」は、そのままだが、1階は「ドトール」になった。

ロータリーに面したビルの1階は、10年のあいだに、ほとんど入れ替わったのではないかな。

はて、これからは、どうなるのだろう。

20100420a.jpg