FC2ブログ

残念、「大宮名物餃子の店 大雅」の跡。

009.jpg

昨日は暑かった。大分県のほうでは真夏日を記録したというニュースがあった。日中は、暑くて眠くてビールが飲みたいのをガマンして仕事をしていたが、あまり片付かなかった。夕方、スーパーへ買い物に出た。歩いているうちに、どうしてもビールが飲みたくなった。どこにしようか迷ったが、ついでに線路沿いも散歩してみたくもあり、それに最近行ってなかったので、コタツへ行った。まだ暖簾が出てない、18時開店早々だった。

のんびりおしゃべりしながら、とりのハムとあじの刺身に、生ビールを2杯飲んで、外に出た。風がさわやかで、心地よい、夕方だった。ちょうど電車が多い時間帯だから、上りが音をたて、東大宮駅にすべりこむところだった。うーん、いいねえ、と思いながら、素早くカメラを取り出してシャッターを切った。ちょうど、下り電車が、ホームに停車したところだった。コタツは、この線路際だから、飲んでいると、窓から電車が通るのが見える。その風情がよくて、酒のつまみになる。走る電車を見ていると、なんだか無邪気になれるのだな。

マミーマートへ行こうと歩いていたら、大きな空き地ができていた。あれっ、ここはと思ったら、大雅の跡だった。建物も大きかったけど、敷地もずいぶん広かったのだなあ。なくなったら、あらためて、裏側はJAさいたまの大きな建物だとわかった。

010_20130525133313.jpg

大雅がなくなったのは、ほんとうに残念だ。たしか今年に入ってからだったか、前を通ったら、喪中で休んでいた。もしかしたら、あのおやじが、と思った。やはり、そうだった。まもなく、営業時間を短くというか、餃子が売切れ次第閉店で再開した。さっそく入ってみたが、やはり、あの大柄なおやじの姿はなかった。家族4人でやっていたが、1人が戻らぬひとになったのだ。そして、2月の後半に店を閉める張り紙が出た。

001-001.jpg

最終日は2月28日だった。以前、一度一緒に入ったことがある知人が、小岩に住んでいるのだが、わざわざ来て、行列になるかも知れないからと、夕方の開店時間前に行った。そしたら、もうこの日の分は売り切れで、「本日をもって閉店いたします。長い間ありがとうございました。 大雅」の張り紙。おれたちと同じような人たちが、次々に来たが、みなガッカリ残念がって、帰った。あっさりした幕切れだった。

大雅 (2)

焼餃子と水餃子とキムチとラーメンと味噌ラーメンとチャーシューメンだけのシンプルなメニュー。餃子は10個盛りで450円だった。肉汁をタップリ含んだ大ぶりの餃子で、食べ応えがあった。ちょっと干しエビの味がして、好みがわかれるようだったが、おれは好きだった。水餃子がうまかった。キムチがうまくて、生ビールを頼むと、これが突き出しで付いてきた。生ビールが550円だったから、餃子とで、ちょうど1000円だ。しかも、この生ビールが、中とはいえ、昔の中ジョッキでデカイのだ。1000円で、大いに満足できた。

大雅

店がなくなったのは、ほんとうに残念だ。土曜日と日曜日は、通し営業だったから、昼からここで、餃子と生ビールをやるのが楽しみだった。生ビールのジョッキも餃子もラーメンも、なにもかも、店舗も、ここのおやじのように、ざっくり大柄でよかった。「大雅」より「大河」「大陸」が似合っている店だった。

おやじ、ありがとう、安らかに。大雅、さらば。

大雅 (3)

001_20130525133151.jpg