FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこで飲むか迷い、「じゅん」へ。

DSCN2285.jpg

蒸し暑い日が続いている。先週の金曜日から日曜日、毎日、東京へ行って飲んだ。土曜と日曜はハシゴ酒で泥酔帰宅、昨日は、肉体がグータラ状態、疲れ休みという感じだったが、家人が代休で家にいて、夕方になったら飲みに行こうということになった。

どこへ行くか。東大宮は、そんなに大きな町ではないが、そこそこよくて、それぞれ特徴のある飲食店が多いから、けっこう迷う。結果、家人がまだ行ったことがないし、やきとりが食べたいというので、「じゅん」へ行くことにした。ここならば、牛、鶏、豚の串焼が、いろいろ食べられる。ほかのメニューも豊富。

以前は、東口の一番街商店街、県住宅供給公社アパートの1階にあったが、立ち退きの関係もあって、東口駅前広場の一等地に移転した。この場所に、じゅんの前にあった店を思い出そうとするのだが、思い出せない。たしか、やはりやきとりがメインの居酒屋だったような気がする、そこは大宮の東口に移転したらしい。

17時半開店だが18時ごろ入った。

カウンターに座り、まずは生ビール。串焼を食べるつもりで行ったのに、おすすめが「いわしの天ぷら一尾150円」と聞いたとたん、あっソレお願い。2人ともイワシの天ぷらが好きだし、家で揚げるのは面倒だ、文句なく決まり。つぎ、アンコウの刺身とキモ酢があるという。えっ、いまごろアンコウと思ったが、おすすめだというから食べてみることにした。

かくて、串焼は後回しになったのであるが、アンコウの刺身とキモ酢は、格別にうまかった。量も、たっぷり。聞くと、アンコウが脂がのってうまいのは、3月から今頃だという。それはちっとも知らなかった。なんとなく冬のほうが、脂がのっているような気がしていたが。

最初の刺身の写真だが、いつも食い意地が張っているもので、出てきた瞬間ハシがのびて、薬味などをとってから、撮影作業を思い出した。少し盛りが乱れている。

DSCN2286.jpg

イワシの天ぷらは期待どおり。のち、酒はホッピーに切り替え、串焼を豚のレバーとバラしそ巻きを2本ずつ、冷やしトマトを追加。ということで、満足。

マミーマートで買い物をして帰り、あとは家でデレデレ飲み。

写真を見て気がついたのだが、「じゅん」の2階の店、これ、なんの店だろう。何度も前を歩いているのに、関係ないと、なかなか気がつかないものだ。

DSCN2284.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。