FC2ブログ

派手派手、るーぱん。

DSCN2314.jpg

先日、都内に住んでいる岩槻出身の知人が、「埼玉の誇りはなんだろう?松岡茉優には深谷ネギではなくて、ファッションセンターしまむらの服です!とか言って欲しかった」とツイッターでつぶやいた。

おれはすかさず「ファッションセンターしまむらの服とホームセンータードイトも埼玉の誇りです。おれの最近のファッションは、しまむらとドイトの服で固めています。ぎょうざの満洲も誇りですね。どれも近所なので、東大宮的埼玉の誇りであります」と返した。大宮のいづみやも、埼玉の誇りだと、ツイートした。

そのとき、ピザとパスタの店「るーぱん」のことを忘れていた。

しまむらもドイトもある第二産業道路沿いには、るーぱん東大宮店もある。その外装だが、4年半前に引っ越してきたころは、こうではなかった。どうだったか、思い出せないが、ま、とくに特徴はなかったのだ。それが、しばらくして、写真のようなアンバイになった。

これは、いったい、るーぱんの意向でこうなったのか、ビルのオーナーの意向なのか、いやいや、このビルのオーナーがるーぱんという可能性もあるのだが、そのへんの事情はわからない。ほかの店舗は、このようなカラーリングではないようだ。とにかく、うまそうには見えないが、少しばかりエキサイティングなカラーではあるし、目立つ。

写真で見ると、そうではあるが、第二産業道路のなかの実際は、写真ほど派手派手には感じない。でも、こういう、チョイとヘンなことをやってくれる景色があるのは、うれしい。カジュアルなイタリアンレストランにありがちなかっこよさなんか気にしてないようで、埼玉っぽくて、いいなあと思っている。

なかはどんな風になっているか、気になったから、いつだったか、平日昼間の食べ放題キャンペーンをやっているとき、2回ばかり続けて入った。さすがになかは、真っ赤ではなく、焦げ茶色の古い木造の感じを出していた。

入ったすぐのところにカウンターがあり、埼玉っぽい土が香るようなおばちゃんが、若い女子が着ればカワイイにちがいない制服を着て、注文を受けていた。食べ放題はピザのほかに、パスタかピラフを選べた。おばちゃんは、おれの選択を聞き、年季の入った安定感のある声で、マイクに向かって注文を通した。

ソフトドリンクも食べ放題に含まれていたが、おれは別に生ビールを頼んで、食べ放題のピザとサラダを食べながら、デレデレとすごした。たいがい2時ごろのことで、いる客は、みなデレデレと過ごしていた。「ゆったり」ということではなく「デレデレ」なのだ。店内の空気全体が「デレッ」としている。これがまた埼玉っぽくて、いいなあと思うのだった。おばちゃんグループも、男子高校生と彼の母親も、デレデレ食べながらおしゃべりをしていた。

近頃は、やはり埼玉の誇りである「山田うどん」が話題になっているが、ここなども、店名からして「デレデレ」している。るーぱんもそうだが、都会的クールなんて、意に介していないようで、楽しい。

この写真を撮ったとき、ちょうど、女子高生が2人、自転車を止めて入るところだった。

るーぱんは、だんこ、埼玉の誇りだ。