スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラスの勝手の風景。

DSCN2325.jpg

DSCN2325-001.jpg

DSCN2326.jpg

先日、砂の万灯祭りへ行く途中で撮影した。

セイムス東大宮西口店の前の畑は、けっこう広い。うーん、300坪はないか、いや、ありそう。もしかすると、400坪ぐらい?土地とは縁がないから見当がつかない。

4年前に引っ越してきたころは、全面的に耕され作付けされていた。そのあと、わずかな一角がセイムスの駐車場になり、しだいに作付けの面積は小さくなった。いまでは、作付け面積は1割にも満たない。ほかは、耕されてはいるし、草は生えていないが、作付けはされてない。

このあいだから、ときどき、この畑に、一羽のカラスを見る。カラスも人間と同じように、一羽一羽、顔も姿もちがうらしいが、おれには見分けがつかない。なので、やつが、同じ一羽かどうかは、知らない。

ウチの周辺は、カラスのテリトリー争いが、けっこう激しい。住宅が増えているからだろうか。それに、何か時期あるいは季節が関係しているようだ。詳しく調べたり観察したりする気もないので、知らない。

とにかく、同じやつかどうかは知らないが、やつは、この広い畑で、一羽で、一見のんびりしているように見える。もしかしたらテリトリー争いの仲間にも入れず、孤独の悲哀を噛みしめているのか。畑の孤独は、都会の孤独でもあるようだ。しかし、カラスに、そんなセンチメンタルがあるようには、思えない。

広い空を飛べても、けっきょく、地上に、休める巣とエサを求めなくてはならない。やつは、おれと同じ、この土地の住人なのだ。

この空を飛べたなら、と、鳥になりたいと願うひとのうち、カラスになりたいと思うひとは、どれぐらいいるのだろう。少ないのではないか。

カラスは、都会人のような鳥だと思う。都会や街が似合っている。「銀座のカラス」「渋谷のカラス」そういう風に黒く輝く存在だ。東大宮は、カラスが存在感を示す街になってきつつあるのだろう。やつは、その尖兵なのかも知れない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。