FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薫風のなか市民の森へ その3

昨日の続き。二人は、市民の森からの帰り道、見沼たんぼのなかの芝川沿いを歩いた。

タマネギ畑があった。スーパーにも、新タマネギが並んでいるが、最初は九州方面から始まり、いまでは関東のものが多くなっている。この新タマネギも、まもなく収穫されるだろう。見るからに、うまそうだ。

030.jpg

貸し農園になっている畑も多い。細かく仕切られ、それぞれが勝手なものを植えている。そして、それぞれが道具や肥料などを入れておく、小さな倉庫ともいえない、ありあわせの板などで囲ったものをコーナーに作ってある。畝が揃っている大きな畑と違い、雑然とした景色、まさにとりとめのない光景だ。一角で、初老と見える男女がクワを持って立ち話しをしていた。

芝川沿いの道は簡単に舗装してあるが、ほかにもタテヨコに舗装のない道がある。そこを歩いたほうが、畑のなかを歩いている気分になるから、そちらを選ぶ。初めて歩く道だった。

すると、「東大宮自治会 第2農園」の看板があった。貸し農園とわかるが、自治会が借り上げて、貸しているのだろうか。

031.jpg

近年は「農業ブーム」といわれるが、就農する人は別として、たいがいは趣味として土仕事や手仕事を楽しむブームでもあるようだ。こちらは「農業」というより、「趣味の園芸」と言ったほうがよいかも知れない。趣味と生活では、同じ土地をいじり耕し、同じものを植えても、まったく違う。

男は、以前、畑を借りて、耕作をしたことがある。園芸会社の仕事で、種をベランダ園芸用に普及する仕事をしているうちに、自分でやりたくなり、畑に手を出した。貸し農園の小さな区画ではなく、大きな畑だった。そこまで行くのも面倒だったが、耕運機ではなく、クワで耕すのだから大変だった。それに、こまめに、見てやり、手を入れる必要がある。借りたうちの半分も使わないで終わった。それでも、小松菜、さやえんどう、大根、茄子、じゃがいも、そういったものを、のべ2シーズンぐらいはやったか。

近頃は、植えたあと収穫までのあいだは、貸し農園の持ち主や近所の農家の方が面倒を見てくれるシステムもあるようだ。こうなるともう、贅沢な趣味と言うしかない。なにしろ小さいながらも、使用人に管理させて、おいしいところだけを楽しむ「農園主」になってしまうのだから。

畑仕事は根気がいる、そのほんどは、育つ過程の観察と手入れだ。その根気をやってこそ畑仕事をしたことになる、と男は以前をふりかえった。

「東大宮自治会 第2農園」は、そんな贅沢はしてないようだった。何区画あるのだろう、全部は借り手がついていないように見えた。東大宮自治会は広い地域だ、ここに近いところ以外は、クルマでないと面倒なことだろう。

さらに脇の道を選ぶと、電柱があった。パイプの先に蛍光灯をつけただけの簡単なものだ。夜の景色を見たことはないが、この通りだけ灯かりがつくのだろうか。なんだか、よい風景だ。向こうに土呂中が見える。

032.jpg

これは、なんだ、童話のような遊び。木にテラスを設え、上の段には、くたびれた布でハンモックのつもりだろう。面白い人がいるなあ。楽しんでますねえ。

033.jpg

つまみとクーラーにビール入れて持ってきて、この上で一日すごすなんて、いいにちがいない。畑仕事など、ほっぽりだして。蚊取り線香もいるな。「仙人畑」の小さな看板が打ち付けてあった。仙人への憧れか、いいねえ。

女がしゃがんで、オオイヌフグリを根から抜いた。持ち帰って鉢に植えるつもりらしいが、野生の小さい花は無理だろう。

クルマが一台入ってきて、畑のそばで止まった。

麦畑があった。何の麦かわからない。小麦でないことは確かだ。背が高いから大麦だろうか。

034.jpg

「東大宮自治会 第2農園」があったのだから「第1農園」もあるだろうと思っていたら、あった。住宅街に一番近い道路わき、ここなら近い人も多いだろう。全部埋まっているようだった。

035.jpg

東大宮の駅が出来たのは、1960年代の終わりごろのことだ。現在の東大宮地域は、圧倒的に農地が広がっていた。

男は、自治会の班長をしたり公園掃除や防犯パトロールに参加したりして、自治会の役員には古くからの農家の人がいることを知っている。貸し農園もそうだろうが、新旧住民がまじわるのは、よいことだ。近くの農業も、できるだけ続いてほしい。本当は、とれたての野菜を欲しいときに簡単に手に入れられるとよいのだがと思う。

芝川にかかる砂橋がある、宇都宮線沿いの道路にもどった。

005.jpg

女がドイトへ行きたいというので、第二産業道路沿いのドイトへ向かった。園芸用の土を買うのだと言うが、彼女は、休日に、ドイトをぶらぶらするのが趣味なのだ。男も、嫌いじゃない。ドイトは、近所の最高のレジャー施設だ。

男は、一年ほど前に、NHKラジオの朝の「すっぴん」にレギュラー出演していたことがある。生出演だ。そのとき、いつもドイトで買った作業着を来て、渋谷のスタジオへ行った。あるとき、オンエア時間外に、その作業着が話題になった。男は「ドイトで買った」と言った。藤井彩子アナウンサーもパーソナリティのダイヤモンド・ユカイさんも、とうぜん、ドイトを知っているものと思ったからだ。なにしろ男が若いころは、ドイトは、当時流行のドウ・イット・ユアセルフ店の走りで、有名だったのだ。ところが、二人とも、「なに、それ」「えっ、ホームセンター?」という調子だった。ドイトを知らないなんて、とんでもないと男は思った。そうそう、ダイヤモンド・ユカイさんは、東大宮の大砂土中の卒業で、しかも男の家の近くに実家があるのだった。彼が中学生のころは、まだドイトはなかったのだろう。

これにて、とりとめのない歩行「薫風のなか市民の森へ」全3回終わり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。