スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイデンティティ、関係ありそでなさそで。

020.jpg

022.jpg

025_20130519222621.jpg

重要なことでないのはわかっている。だけど、たったこれだけでも共通性があると、ソコになにか関係があるのかと気になったりする。どれも東大宮駅西口側。

写真上、さいたま市立見沼小学校の校舎の一部。
写真中、見沼区役所東大宮支所のある建物。
写真下、JAさいたま(さいたま農協)本店。

この見た目の共通性は、打放しコンクリート仕上げと黄色を使ったデザイン。それから見た目じゃない近似性をあげれば、小学校と支所は公共施設だし、JAは公共施設ではないが公共性の高い団体の建物だ。血液型的判断をするなら、これだけでも、何かある、と思ってもよいだろう。

写真では、わかりにくいが、小学校と支所の黄色の実際は、ほとんど同じ色だ。JAの黄色は少し違うし帯ではなく窓枠に使用しているあたりが、違う。

だから、どうしたと言われると、いや、ただその、もしかすると何かアイデンティティな意図があって、このようになったのかと考えてみるのも面白いと思って、とりあえず建設年を調べれば、もう少し何か関係性があるかないか、見えるかと思った。だけど、ネットで検索したところでは、さっぱり、わからない。

ま、でも、こうやって、あれこれ詮索して無駄に時間をつぶすのも、街の楽しみだろう。その楽しみを提供している建物でした。ってことです。

それにしても、JAさいたま本店は、東大宮では、最も凝ったデザインと言えそう。なんだか、カネがありそう。JAさいたまは、2000年4月に現在のさいたま市のうちの岩槻区を除く地域の農協が合併して発足したらしい。この建物の完成がいつかは、わからない。こういうデザインの建物を見ると、すぐバブル期のものかと思ってしまう悪癖を、おれは持っている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。