ドイトの近くのぶどう畑。

投稿をさぼっていたら、どんどん日にちがすぎ、もう8月の第二週だ。

先週2日と3日には東大宮サマーフェスティバルもあった。2日に行ったら、すごい人出だった。盆踊りも、たくさんの人が踊っていた。以前のように、ゆかたを着た踊り団体風のおばさんたちだけじゃなく、少年も少女も、会社帰りのねえちゃんも、ランニングシャツのおやじも、とにかくいろいろな人が、楽しく踊っていた。おれも、ビールを飲んで、見るだけじゃつまらないから、東京音頭を一曲踊って、ちゃぶへ。

カウンターで、まいどの馴染み客と。ビール飲んで踊ってきたせいか、酔いが早い。早めに引きあげようと出たが、西口側で足が勝手に太郎へ向かった。なんと、カウンターに、前日ツイッターでやりとりして、太郎っていいね、ママは傑作人物とかツイートしあっていた、女性がいた。もちろん初対面で知らなかったが、彼女と連れの方が十日町のへぎそばかなんかの話しをしていたら、太郎のママが、こちらも新潟と、おれのことを紹介して、わかった。こうして、また地元の知り合いが増えた。けっこうなことであるね。けっきょく、泥酔帰宅。

ま、そんなこんな、いろいろありましたが、今日は、7月15日の万灯祭(http://entetsuhigashioomiya.blog.fc2.com/blog-category-8.html)の帰りに、第二産業道路の八雲神社の信号を渡り、ドイトの前から駅の方へ向かおうとしたときあった、ぶどう畑。ぶどうには袋がかけられ、あとは収穫を待つばかりという状態だったが、あれから2週間以上がすぎた。どうなっているだろう。この実は、どうなるのだろう。以前に掲載した、別のぶどう畑と梨畑も含めて、見に行きたいが、なにしろ暑くてね。

DSCN2334.jpg

カラスの勝手の風景。

DSCN2325.jpg

DSCN2325-001.jpg

DSCN2326.jpg

先日、砂の万灯祭りへ行く途中で撮影した。

セイムス東大宮西口店の前の畑は、けっこう広い。うーん、300坪はないか、いや、ありそう。もしかすると、400坪ぐらい?土地とは縁がないから見当がつかない。

4年前に引っ越してきたころは、全面的に耕され作付けされていた。そのあと、わずかな一角がセイムスの駐車場になり、しだいに作付けの面積は小さくなった。いまでは、作付け面積は1割にも満たない。ほかは、耕されてはいるし、草は生えていないが、作付けはされてない。

このあいだから、ときどき、この畑に、一羽のカラスを見る。カラスも人間と同じように、一羽一羽、顔も姿もちがうらしいが、おれには見分けがつかない。なので、やつが、同じ一羽かどうかは、知らない。

ウチの周辺は、カラスのテリトリー争いが、けっこう激しい。住宅が増えているからだろうか。それに、何か時期あるいは季節が関係しているようだ。詳しく調べたり観察したりする気もないので、知らない。

とにかく、同じやつかどうかは知らないが、やつは、この広い畑で、一羽で、一見のんびりしているように見える。もしかしたらテリトリー争いの仲間にも入れず、孤独の悲哀を噛みしめているのか。畑の孤独は、都会の孤独でもあるようだ。しかし、カラスに、そんなセンチメンタルがあるようには、思えない。

広い空を飛べても、けっきょく、地上に、休める巣とエサを求めなくてはならない。やつは、おれと同じ、この土地の住人なのだ。

この空を飛べたなら、と、鳥になりたいと願うひとのうち、カラスになりたいと思うひとは、どれぐらいいるのだろう。少ないのではないか。

カラスは、都会人のような鳥だと思う。都会や街が似合っている。「銀座のカラス」「渋谷のカラス」そういう風に黒く輝く存在だ。東大宮は、カラスが存在感を示す街になってきつつあるのだろう。やつは、その尖兵なのかも知れない。

砂の万灯祭。

DSCN2329.jpg

きのうは、朝から、何度か花火の音がしていた。八雲神社の万灯祭なのだ。

夕方、買い物がてら行って見ようかと思ったが、雷の音がしていたので、とりあえずマミーマートで買い物をし、やまだ農園の「やさいはんず」がやっていたからナスを買い、一度家にもどった。

雷は、こちらには来ないで、どこかへ行ったから、18時半すぎ、八雲神社へ行った。2009年の夏以来だ。

東大宮の祭りでは、このあたりが砂村と呼ばれていたらしい江戸後期から続く、最も古い祭りのようだ。一度「都市化」で途絶えていたが、復活したとのこと。もとは、万灯をかついで村内を練り歩いたらしいが、いまは境内に並べるだけになっている。

ま、でも、古い祭りが続いているって、よいことだと思う。なんというか地域のうるおいですね。この場所は、資本や企業が設えたのではなく、人びとによって支えられて続き、ひとが人として集まり過ごすのだから。人びとが積み上げてきた場所の歴史以外、なにもないのだ。そこが、消費の対象となった「公共」や、新しいイベントや祭りとちがう。

新しい家が建ち、新しい住民が増え、どう続いていくかはわからないが、見物が1人でも多ければ、続ける何かになるかと思い行って見る。だけど、とくに、何もなく、そもそも信心がないのがいけないのかも知れないが、ざっと見るだけ。とにかく、身近の小さな祭りを大事にすることは、自分の暮らしと土地とのつながりを確認するうえでも、大切だと思う。

八雲神社は境内が道路で分断されている。広いほうの境内に万灯が並び、狭いほうの観音堂の境内に大欅がある。樹齢数百年、八雲神社の神木ということだ。

DSCN2328.jpg

興味が引かれたのは、万灯が並ぶ境内の一角に、子どもたちが遊ぶ人工の小山があって、これは富士講の富士山のようなものだが、登り口の石塔に「御嶽大社」とある。富士信仰ではなく、御嶽信仰のものらしい。いったい木曽の御嶽か、奥多摩の御嶽か、気になった。このあいだ『オオカミの護符』を読んで、関東一円の御嶽山信仰とオオカミ信仰が関東の農業や生活と深い関係にあると知ったので、大いに気になる。

DSCN2332.jpg

ざっと見て、やることもないので、東口のちゃぶへ行った。2008年の秋引越してきて、09年の夏初めてこの祭りへ行ったとき、地元の方たちに案内されて、ちゃぶが今のところへ移転する前のちゃぶだいへ行ったのだった。というわけで、万灯のあとはちゃぶへ、というわけなのだ。いや、ビールが飲みたかっただけ。

カウンターに馴染みさんたちがいて、おしゃべりしながら、けっこう飲んでしまった。よい祭りの夜でした。